マクロも仕事も<見直し→改善>を前提に

マクロセミナーでは、「マクロ(プログラム)をきれいに整理して書くように」と言っています。
後で見直して改善するのが前提だからです。
これはマクロに限らず仕事全体にいえます。
スクリーンショット 2012 05 12 5 57 58

これでもマクロは動く

次のようにマクロを書いても、ちゃんと動いてくれます。
Excel側は分かってくれるのです。
スクリーンショット 2012 05 12 5 57 58

見直しにくいと・・・・・・

ただ、人間が見ると、とても見やすいとは言えません。

しかし、

「とりあえず、支障なく動いてるから、ま、いっか」

となってしまいがちです。

ただし、このマクロを改善したいときや修正点がでてくることもあります。
これだと、自分が作った、書いたマクロであっても見直しするのは難しいです。

「変更するのは大変だから、このままでいいや」

と妥協したり、

「一から作った方がはやい」


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


と無駄な時間を使ったりします。

仕事は<見直す→改善>を前提に

マクロは、常に改善していくものです。
自分のスキルが上がれば、よりよいプログラムが書けますし、仕事上の必要性が出てくれば、当然改善していかなければいけません。

そのため、こんな感じで書くことが多いです。

スクリーンショット 2012 05 12 5 44 53

インデントを揃える、コメントを残す、空白を入れて見やすくする、といったことをやっています。

3ヶ月後、半年後、1年後の自分が見やすいように書きます。

<見直す→改善>という流れを前提としているのです。

これは仕事すべてにもいえることでしょうね。

毎日はともかく、毎月、毎年のルーティンの仕事が整理されていなければ、見直しも難しいし、ましてや改善には着手できません。
常に自分が見直せるように整理しておくのが重要な気がします。
PCファイルのネーミング、保存場所、紙の資料の保管、チェックリストやマニュアル、自分がやったことの管理などが欠かせません。

一見遠回りですが、結果的に時間を大幅に節約できます。

■スポンサードリンク

幸い私がこういうスタイルを身につけたのは、最初につとめたところで、Excelマクロや統計プログラムの仕事をしたからだと思います。
プログラミングやると、意外な気づきも多いです(^_^)

ご興味あるかたは、マクロ入門セミナーを活用してください。

☆6/16 午後 経理&会計のためのマクロ入門セミナー お申し込みはこちら





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日の午後、新規のお客様の決算打合せでした。
新作Excelを導入したところ、喜んでいただきホッとしています。
まだまだ改善を重ねていきます!




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###