SUMIF関数よりもピボットテーブル ーSUMIFとピボットテーブルの比較ー

ピボットテーブルを使えるようになると、SUMIF関数を使わなくてもすむようになります。
ピボットテーブルとSUMIF関数を比較してみました。
スクリーンショット 2012 06 06 7 01 48

1 SUMIFは手間がかかる

SUMIFは、関数ですので、当然入力しなければいけません。
数ある関数の中でも難易度が高い方です。
その分手間がかかります。
WS000000

ピボットテーブルは、マウスで簡単に集計ができます。

2 SUMIFは項目のリストがもれなく必要

SUMIFで集計するときは項目のリストが必要です。
例えば、次の例では、PCのメーカー名のリストを入力しています。
スクリーンショット 2012 06 06 7 27 23

これが1つでも欠けると正しい集計ができません。
次の例では、<SONY>が抜けているため、集計されていません。
スクリーンショット 2012 06 06 7 27 52

ピボットテーブルは、もれなく集計ができます。
(範囲指定が正しいことが条件です)

3 SUMIFはフォームの変更が大変

SUMIFで集計している場合、この表をPCの種類別集計に変更するのは大変です
スクリーンショット 2012 06 06 7 27 23

一から表を作らないといけません。
スクリーンショット 2012 06 06 7 30 07

ピボットテーブルだと、項目をクリックするだけで表の集計項目を変えることができます。
スクリーンショット 2012 06 06 7 58 06

4 SUMIFは複数項目の集計ができない

SUMIFでは、次のような表を作ることができません。
スクリーンショット 2012 06 06 7 34 41


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


SUMIFSという別の関数が必要です。
さらに難度が高く、複雑になります。
WS000001

ピボットテーブルだと、クリック、ドラッグで簡単に表の組み合わせを変えることができます。
スクリーンショット 2012 06 06 7 35 32

5 SUMIFは個数の集計ができない

SUMIFは数値を集計する関数です。
個数をカウントするには、別の関数、COUNTIFを使わなければいけません。

スクリーンショット 2012 06 06 7 38 02

ピボットテーブルだと簡単に個数の集計へ変更できます。
スクリーンショット 2012 06 06 7 38 21

さらには、個数の集計+数値の集計の表にすることも可能です。
スクリーンショット 2012 06 06 7 38 34

6 SUMIFは個々のデータを確認できない

SUMIFでは、どのデータが集計されているかを確認することはできません。
ピボットテーブルでは、数値をダブルクリックすれば、データの詳細を確認できます。

[DELL]の296,000円の明細は、数値をダブルクリックすると、
スクリーンショット 2012 06 06 7 40 49

別シートに表示されます。
スクリーンショット 2012 06 06 7 40 59

7 ピボットテーブルはリアルタイムに集計できない

SUMIFは元データを変更した場合、リアルタイムに集計してくれます。
自動的に集計されるということです。

■スポンサードリンク

一方、ピボットテーブルは、元データを変更しても集計されません。
[更新]という操作が必要となります。
[更新]には、ピボットテーブルを右クリックして[更新]を選ぶ、ピボットテーブルを選択してAlt+F5、リボンの[更新]という方法があります。

黄色い部分を変更しても、ピボットテーブルは変更されませんが、SUMIFでは自動集計されています。(再計算を自動にしている場合)
スクリーンショット 2012 06 06 7 45 39

7をどう考えるかにもよりますが、1〜6の理由から考えると、SUMIF関数よりピボットテーブルを使った方が便利な場面が多いです。
私はほとんどの場面でピボットテーブルを使っています。





■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日、ひさびさにクアアイナに行きました。
ハワイ生まれのハンバーガー屋です。
ここのハンバーガーしか食べないほど、気に入っています。

ちょっと高いですけどね。

ちなみにハワイでは食べませんでした。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###