PCはけちらず、ソフトはけちる

PC本体への投資はけちらず、定期的にアップグレードすべきです。
一方でソフトへの投資はよくよく考えるべきでしょう。
IMG 3678

PCへの投資

私は、「PCを2年に1回は買い替えるべき」と常々主張しています。
仕事で毎日PCを使うのならば、十分元が取れる投資です。

15万円のPCを買って2年使っても、1日312円ですみます。

これくらいの投資で、待ち時間のロスやいらいらが解消されるなら安いものです。
(PCメーカーの回し者ではありません(笑))

ご自身でPC購入が決定できる、フリーランス、経営者の方は、迷わず投資すべきでしょう。

ここ数ヶ月で、7人の友人がMacデビューしました(^^)
もちろんMacでなくても大丈夫です(^_^;)

遅くなったPCを買い替えて後悔しているケースはいまのところ見たこと、聞いたことがありません。

むしろ、「もっと早く買い替えればよかった」という声の方が圧倒的に多いです。

 

ソフトへ投資は慎重に

一方でソフトへの投資は慎重になるべきでしょう。
といっても、買ってみないとわからないものがあります。
少額(3,000円以下くらい)であれば、迷わず買って試してみてもかまいません。

特に気をつけるべきなのは、毎月定額で支払うものです。
リース料も含みます。
「これは必須」と思っていても、実は必要ないソフトもあります。
いまや無料でクラウド利用できるソフトが増えていますので、常に取捨選択は必要でしょう。

ウィルスソフトにしても、動きの重い○○や△△を当然のように更新し続ける必要はないと考えています。
無料のウイルスソフトもありますし、サーバー自体にウイルス除去機能があるものも多いです。

ここ数年、私はWindowsにはこれを入れていますが、問題ありません。
(ご自身の判断で入れてください)
Microsoft Security Essentials – Microsoft Windows

□スポンサードリンク

 

 

 

 

会計ソフトも毎年バージョンアップする必要はありません。
ましてや月数千円のリース料がかかるものはいうまでもないでしょう。

高額な管理ソフトも、「高いから大丈夫だろう」と思われがちですが、まともに動かないものも多いです。
管理・会計とIT・システム開発双方に精通している人材が少ないことも影響していると思われます。
これは、税務、会計ソフトが使いにくい理由でもあるでしょうね。

私がソフトに高額の投資をしているものはありません。
・Office(Excel、Word)
・Pararells Desktop
くらいです。
1万円しません。(Officeはアップグレード版)

月額で支払っているものは、
・Atok(日本語入力ソフト) 月300円
・Evernote 年4,000円程度
・Dropbox 年9,980円
・オートビズ(メルマガ配信) 月4,410円
などがあります。

メルマガ配信はやや高いのですが、ほぼ毎日使っているので欠かせません。
3社利用した結果たどりついたのが今使っているところです。

 

 

PCがソフトの進化に追いつかなくなる

PCへの投資を重視するのは、もう1つ理由があります。
ソフトは年々どころか、日々進化し、ウェブサイトもより処理能力を要求するものが増えています。
PCがソフトの進化に追いつかなくなりがちなのです。

その結果、PCがさらに遅くなってしまいます。

PCもメンテナンスやHDDのSSDへの入れ替えなどでパワーアップさせることはできますが、一般的ではありません。
新しいものに買い替えた方が早いことの方が多いでしょう。

目安のスペックとしては、
CPU Core i5 or i7
メモリ 4GB
HDD お好みで (できればSSD)
画面 お好みで
という感じです。

 

 






【編集後記】

昨日は外苑前の「勉強カフェ 青山ソーシャルスペース」でミーティング&仕事。
http://benkyo-cafe.net/location/aoyama.html

勉強カフェは通常月額利用のみですが、ここは10:00-16:00を1,050円で利用できます。
(初回登録料525円)
フリードリンクですし、1Fのピーコックで弁当などを買って持ち込めますし、結構快適です。