仕事をすばやく再開するためにPCはシャットダウンしない

PCを持ち運ぶときにはシャットダウンしません。
よく聞かれることで、驚かれることも多いので、記事にしてみます。
写真

そのまま閉じるだけ

私はノートPC(MacBookPro)を常に持ち歩いています。
出かけるときには、そのまま閉じるだけです。
電源は切りません。
ほとんどのPCは、閉じた(持ち運ぶ)状態にすると、スリープ又はスタンバイというモードになります。

スリープ(スタンバイ)状態

多くのアプリケーション(ソフト)を開いていると、それを1つ1つ閉じるだけで大変です。
PCを使う際には、再度、PC及びアプリケーションを起動させなければいけません。

スリープ(スタンバイ)モードは、電力の消費を最小限にしつつ、PCの状態をそのまま保存します。
PCを開くと、閉じる前の状態にすばやく復帰できます。

オフィスで仕事→顧客先で仕事→カフェで仕事→オフィスで仕事→自宅で仕事
という場合もPCをシャットダウンさせません。

(スリープ状態にするとパスワードでロックするように設定しています)

シャットダウンしないからといってPCが壊れることもないです。
どうしても調子が悪いとき、動かなくなるときには、再起動しましょう。
私は移動時はもちろん、仕事を終えた後も一切シャットダウンしません。

実験してみましょう

PCによって、スリープの設定が異なる場合があります。
シャットダウンしないでPCを閉じたままにして、電池残量が減っているかどうか実験してみましょう。
ほどんど電池残量が減っていなければスリープ状態になっています。

心配な方は、任意でスリープ(スタンバイ)状態にできます。

Windowsだとスタートメニュー→[シャットダウン]の右の矢印→[スリープ]をクリックします。

ショートカットキーは、[Windowsキー]→右を2回→[S]です。
デスクトップPCの場合もこの操作でスリープにできます。
スクリーンショット 2012 07 25 13 35 09

Macだと[アップルメニュー](左上のアイコン)→[スリープ]です。

スクリーンショット 2012 07 25 13 33 46





■スポンサードリンク

【編集後記】
昨日から長崎に来ています。
1日滞在し、午前中の便で帰ってきました。
大きな収穫もあった出張でした(^^)