計算で頭を使わないようなExcelのしくみー事例:預金利息に対する所得税の平成25年1月からの改正ー

法律が変わることで税金関係の業務も複雑になっています。
来年1月からも改正があります。
こういったときに備えて、税金の計算業務では、できるだけ頭を使わないように、労力を使わないようにしています(^^;)
スクリーンショット 2012 11 09 9 42 08

計算は頭を使う

私の仕事、税理士は計算をすることが当然多いです。
しかし、計算は頭も使うし、労力も使いますので、できるだけやらないようにしています(^^;)

税理士のくせにと思われるかもしれませんが、頭や労力は、いざというときのために温存しているのです。
問題解決をしなければいけないとき、提案をしなければいけないときに頭を使うべきでしょう。

これは人間しかできませんし、私以外の誰かに頼むことができません。
優秀なブレーンを雇っていれば別ですけどね(^^;)

日々、頭を使っていると、いざというときの動きが鈍くなる気がするのです。

Excelでしくみを作る

例えば、こんな計算がよくあります。

預金に入金される利息は、税金が引かれています。
その税金は、所得税が15%、住民税が5%です。

800円の利息があったら、「いくら税金が引かれていて、本来はいくらの利息だったか」を計算しなければいけません。

具体的には、
800円÷0.8=1,000円(受取利息)
1,000円×15%=150円(所得税)
1,000円×5%=50円(住民税)
と計算します。


■スポンサードリンク
------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

■スポンサードリンク


電卓で毎回やってもいいのですが、やはり疲れます(^^;)
われわれは毎回、お客様ごとに、年に1回から数回、これをやるのです。
毎回電卓をたたいて、あっているかを確認して・・・・・・というのを繰り返さなければいけません。

この法律が平成25年から変わります。
所得税の率が15%→15.315%に変わるのです。

こうなると、電卓で計算するのはもっと疲れてしまうでしょう。

800円÷0.79685=1,003円(受取利息)
1,003円×15.315%=153円(所得税)
1,003円×5%=50円(住民税)
と計算します。

もう電卓で計算したくないレベルです。
(得意な方はいいかもしれませんが)

私は毎回計算しなくていいように、以前からExcelでしくみを作っています。

一例としてこういうしくみを作っておきます。
セルB1に受取利息の手取額を入力すると、自動的に上記の計算をしてくれるわけです。
スクリーンショット 2012 11 09 9 59 49

今の法律で800と入れれば、こうなります。
スクリーンショット 2012 11 09 10 00 01

1月以降は率の部分を15%→15.315%に変えます。
スクリーンショット 2012 11 09 10 00 15

しくみを作るときは、メンテナンスがしやすいように作るのが鉄則です。
数式内に率(15%)を入れてしまうと、メンテナンスがしにくいですし、ミスの可能性も増えます。

■スポンサードリンク

理想はマフィアのボス。ただし、部下は機械。

仕事上の私の理想は「マフィアのボス」です。
自分が出て行かなくていい場面では、決して自分の手は下しません。

その代わり部下は人間ではなく機械、PCです。
コスト(お金)はかかりませんが、しくみを作るのは自分でやらなければいけません。
計算のしくみも勉強しておかないといけないのです。

それでも毎回頭を使うことは防ぐことができますし、しくみがわかっているので指示もしやすいです。

人間の組織でよくあるのは、指令を下すボスがしくみをわかっていないことでしょう。
この場合は、スムーズに仕事が進まないことが多いです。
そして指令を実行する人間も、ミスの可能性がありますし、体調や気分のムラもあります。
PCだと「今日は体調があまりよくない」「やる気がしない」ということはなく、指令通りにしくみを実践してくれますので、PC、Excelをうまく活用しましょう。

というわけで、私はしくみを作るは得意としますが、暗算や電卓は決して得意じゃないのです(^^;)





■スポンサードリンク
【編集後記】

昨日から新たな習慣をスタートさせました。
なかなかいい感じです(^^)
ブログではちょっと公表しづらい習慣ですけどね。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
###