【10/22-2】(4)なぜ103万円以下?

年末調整第4回は、「なぜ103万円以下?」です。

 よく「年収が103万円を超えると、税金が高くなる。」「扶養から外れる」といった声を聞きます。

 配偶者については、配偶者控除、その他の親族(子供・親)については扶養控除というのですが、それぞれ1人あたり38万円の控除があります。

 所得税法上のこれらの控除の要件は、配偶者又はその他の親族の合計所得金額が38万円以下ということです。

 合計所得金額とは、給与のみの収入の場合は、給与収入(額面)から給与所得控除を引いたものとなります。
 給与所得控除は、収入によって変わってきますが、最低65万円控除することが出来ます。

 ということは、収入から65万円を引いて、38万円以下になればいいということになります。

 65万円+38万円=103万円ですので、控除を受けることが出来るのは、103万円以下になります。

 また、この38万円以下という要件は、なぜ「38万円」なのかというと、誰でも所得から引くことが出来る38万円の基礎控除というものがあるからです。

 給与(103万円)-給与所得控除(65万円)-基礎控除(38万円)=0円

 103万円までは、所得が0ということになります。
  

 次回は「年末調整に必要な証明書」です。






■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク