【11/4-1】マイクロソフトのプレスセミナー

ブログネタ:あのマイクロソフトに潜入できる!!プレスセミナーにご招待!!

 昨日、新宿のマイクロソフトで行われたPowerPointのプレスセミナーに参加してきました。


  このセミナーは、アメブロのクチコミ番付で招待されたものです。
  PowerPointは、最近本格的に使い始めましたので、そのセミナー内容に興味があったということもありますが、マイクロソフトに行くことができることなんてこの先ないだろうと思い、参加しました。
  その内容についてです。

 1 ホームユースとしてのプロモーション
 マイクロソフトとしては、ビジネスアプリケーションとしてのPowerPointを、年賀状、アルバム、案内状といった家庭で使ってもらうようにプロモーションを開始したということです。
 これまでは、通常パソコンを購入してもPowerPointは付属していなかったのですが、最近は、付属するようになりました。
 今後は「釣りバカ日誌」のキャラクターを使って雑誌、オンラインで広告を出すようです。
 HPは→こちら

 2 開発及びバージョンアップ
 今回のPowerPoint2007は、大幅にインターフェイス(操作のボタン等)が変更されています。
 2007バージョンは、Word、Excelも同様に大幅な変更がありました。
 私も最初は使いづらかったのですが、慣れると今のバージョンの方が使いやすいと思います。

 その他アメリカと日本の使い方の違いの話も興味深かったです。




 3 こんな使い方も
  Powerpointは、こんな使い方も出来るということで、図形を使って描いた絵が紹介されました。


■スポンサードリンク
20071103162110.jpg



 最後に実際に私が使っていて、疑問に思っていたことを直接聞くことができました。

 税理士業としてPowerPointを何に使っているかと言うと、事務所の業務案内(パンフレット)や、レジュメ等です。
 業者に頼む方がいいのかもしれませんが、Powerpointで作ると、変更点や追加をその都度行うことができ、配布先ごとの微調整も可能です。
 これは、事務所の業務案内です。今、全面的に作り直しているところです。

20071104153209.jpg


 通常、図形を作って、その中に文章を入力するのですが、上の写真の青い部分は、文章を先に入力、その文章を選択して、「Smart Artに変換」をクリックすると、このように自動的に変換されます。
 業務の説明や、税金・会計の情報を分かりやすくするために、ビジュアル化するというのは1つの方法だと思います。しかし、資料作成にあまり手間がかかっては意味がないので、手間をかけずこういった資料を作ることが出来るという点でPowerpointは重宝しています。
 


 
 
    
 

いつもご覧いただきありがとうございます!
 応援の1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ






 ありがとうございました。これからもがんばります。 

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク