【12/6-1】3と三

今朝、中吊りを見ていて気になったのが、漢数字と数字。

肩書きは「第三課」で顔写真が出ていて、吹き出しには、「第3課にお任せください」と。

この場合は、統一性がなかっただけかと思いますが、漢数字と数字の使い分けってどうなのかと思いました。


そういえば、税理士試験のときに、ある講師が、「第三者」を「第3者」と必ず黒板に書いていました。

条文は、もちろん「第三者」。

試験で「第3者」と書いたら、印象悪いだろうなぁと思っていましたが、これはこれでありなのでしょうか?

その講師に一度聞いてみようとは思っていたのですが。。。


以前勤務していたところで、封筒の住所を横書きで、「1-23-5」と書いたら、すごい剣幕で「縦書きで漢数字で!」と言われたこともあります。
私は、縦書きでも数字で書いていたのですが、最近は、横書きにしていました。
そこを辞めてからは、横書きです。


今朝は、そんなことをいろいろ考えてながら通勤していました。



 
 応援の1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 




 

 ありがとうございました。これからもがんばります。 


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク