経営と会計

私がこの仕事をやっていて、気に入っていることの1つは、経営者(社長)とお話しできること。

実際の経験や、経営手法など、学ばせていただくことは多いです。

その反面、私の方からも、情報や新たな提案を提供すべく努めています。

そんな中、今読んでいる本が、稲盛和夫さんのこの本です。


稲盛和夫の実学―経営と会計/稲盛 和夫
¥550
Amazon.co.jp


「経営と会計」というサブタイトルのとおり、経営を行うには、会計が必要であること、そのためには正しい財務諸表が必要だという内容です。

たかが数字ですが、されど数字ということで、やはり経営には、会計は必須かと思っております。
税理士というと、税金の計算が主な職業のようですが、私は、会計も重要視しています。

日々の動きを把握し、変わった動きがないか、去年の今頃と比べてどうか、資金的には問題ないか、経営のために必要な情報は、正しい会計から得ることができるのではないかと思っております。

今日お会いしたお客様でもある経営者の方ともそのようなお話をさせていただきました。


■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク