形があるものは売りやすい

今日、打ち合わせの中で「形があるものは売りやすい」という話がでました。

目に見えるものを「●●円です。」と売るのが最もわかりやすいということです。

士業の仕事は、目に見えないものが多いのですが、それでも形になっているものもあります。

税理士だったら、申告書でしょうか。

また、税理士は、毎月顧問料をもらうのであれば、月次決算書もそうなると思います。

逆に言うと、目に見える形にすることが必要ということになります。

先日、ある士業の方から聞いたのですが、その方は、新しいサービスをとにかく目に見える資料にしてから、説明するそうです。そして、その説明した業務がいくら という話をするということでした。

届出書なども「提出しておきます。」ではなく、「こういったものを提出します。」というように、具体的に提示することが必要かと思います。

そういった方向性で、今、いろいろ考えているところです。

コストが結構かかるものもあるので悩みどころですが・・・。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク