3000円合わない・・・!

1月も終わり、事務所の月次決算を行い、同時に、家計簿のまとめを行っています。

事務所の方は、毎日、スタッフに入力してもらっているのですが、家計簿の方は、当然自分で。

家計簿は趣味でやっているようなものですが、会計ソフトで、発生主義によりきっちりとつけています。

ただし、毎日は入力していません。

そのせいか、1月は、現金が3,000合わないという状態になってしまいました。

前回、現金を合わせたのは1/24でした・・・・。

3,000円何かに使っているのですが、思い出そうとしてもなかなか思い出せず、情けない話です。

やはり、毎日、つけていないのが、問題かと。事業用ではないので、どこまでやるかはあくまで趣味の範疇であるのは確かですが・・・。

私の場合、家計の方も、できるだけ現金を使わないようにしています。
・食品などもカードで。
・デビットカード(銀行から即時に引き落とし)が使えるところは使う。
・Suicaも使用

ということで、現金を使う場面が限られているはずなのですが・・・。

あまり考えていても仕事が進まないので、やむなく、費用で処理しました。

会社や事業においては、このようなことがあってはいけないので、現金は毎日入力し、実際の残高と合わせるのが理想的かと思います。

また、同様に、極力現金を使わないよう工夫し、管理しやすくするのも1つの方法かと思います。



■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク