住民基本台帳カード

この時期、いろいろなところの住民基本台帳カード(住基カード)を見る(※)のですが、

※確定申告で、住基カードをカードリーダーで読み込み、電子申告(e-tax)することで、5,000円税金が戻ってきます。

市町村によって、印字されている内容が異なっています。

氏名、有効期限までは一緒です。

・東京23区
 発行者  ○○区長 印

・宮崎県宮崎市
 連絡先 ○○市役所市民課 TEL

・埼玉県川口市
 連絡先 市役所の住所 TEL 川口市役所 市民課
などです。

裏面も微妙に違っています。

基本的なフォームを制定して、あとは、市区町村独自のものでいいのでしょうね。

市町村民税の納付書もそうですが、すべて同じフォームに統一すれば、コストも削減できるように思いますが、何か他に事情があるのかもしれません。