住民基本台帳カード

この時期、いろいろなところの住民基本台帳カード(住基カード)を見る(※)のですが、

※確定申告で、住基カードをカードリーダーで読み込み、電子申告(e-tax)することで、5,000円税金が戻ってきます。

市町村によって、印字されている内容が異なっています。

氏名、有効期限までは一緒です。

・東京23区
 発行者  ○○区長 印

・宮崎県宮崎市
 連絡先 ○○市役所市民課 TEL

・埼玉県川口市
 連絡先 市役所の住所 TEL 川口市役所 市民課
などです。

裏面も微妙に違っています。

基本的なフォームを制定して、あとは、市区町村独自のものでいいのでしょうね。

市町村民税の納付書もそうですが、すべて同じフォームに統一すれば、コストも削減できるように思いますが、何か他に事情があるのかもしれません。


 


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク