数字から見る現実

2月分の事務所の業績をまとめました。

私は、スタッフに全て入力等を任せてあるので、

全くデータの入力、訂正はしません。

月初にチェックして、追加、訂正、削除の箇所を伝え、修正してもらうようにしています。


月の途中でもなんどか数字は見ますが、最終的に確定するのは、この翌月初めのタイミングです。

見るべきポイントは、
・昨年との比較
・計画との比較
・キャッシュの増減
など。

私の場合、昨年のデータはないので、昨年との比較はまだできないです。

計画の達成率、キャッシュの増減をみると、しっかりと現実をたたきつけられます。

さらに険しい顔つきになっちゃいますね・・・・。

できるだけ月の初めに、数字により、現実(経営の状況)を把握することは必要です。

クライアントにそう言うからには、自分でもやらなければいけないですしね。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク