売上をどう区分して管理するか?

146

月末なので、家計簿のため、レシートの整理をしています。

あるパン屋のレシートは、こんな感じでした。


20080331134944.jpg


ハード、セミハードという区分です。


こちらの店(ファーストフード)は、こんな感じです。

20080331135330.jpg


商品ごとに表記されており、おそらく、売上の管理も個別に行い、適宜に集計していると思われます。

必ずしも売上の管理=レシートの表記というわけでは、ないとは思いますが・・・

売上をどういう区分で管理するかは経営上重要です。

私自身は、毎月の「顧問報酬」、「決算・申告料」、「セミナー等その他の収入」と売上を3つに区分して計上しています。

売上が増減した場合、どういった理由で増減したのかを把握するためです。

売上だけなく、その売上に対応する経費も区分する方法もありますが、まずは売上を区分してみるだけでも、管理資料としての価値はかなり高まります。




Spread the love
前の記事朝の運動
次の記事朝の時間をどう使うか
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら