売上をどう区分して管理するか?

月末なので、家計簿のため、レシートの整理をしています。

あるパン屋のレシートは、こんな感じでした。


20080331134944.jpg


ハード、セミハードという区分です。


こちらの店(ファーストフード)は、こんな感じです。

20080331135330.jpg


商品ごとに表記されており、おそらく、売上の管理も個別に行い、適宜に集計していると思われます。

必ずしも売上の管理=レシートの表記というわけでは、ないとは思いますが・・・

売上をどういう区分で管理するかは経営上重要です。

私自身は、毎月の「顧問報酬」、「決算・申告料」、「セミナー等その他の収入」と売上を3つに区分して計上しています。

売上が増減した場合、どういった理由で増減したのかを把握するためです。

売上だけなく、その売上に対応する経費も区分する方法もありますが、まずは売上を区分してみるだけでも、管理資料としての価値はかなり高まります。







■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク