「レシート、袋に入れておきますね」

最近、苦手なのがこれ。
仕事で購入したものもそうですが、家計簿のためにも、 レシートは必要なのです。
通常ならもらうと、財布にしまいます。
その後、ビジネス関係のものは、内容を追加して、いったんクリアファイルへ。
月に1度、スタッフに渡します。
内容というのは、誰との打ち合わせか、もしくは何を買ったかの補足です。
プライベート関係のものは、自分でソフトに入力後、ファイルに入れて、2,3か月後に捨ててます。
こういった流れなのですが、「レシート、袋に入れておきますね」と袋に入れられると、いろいろ面倒です。
財布に入れなおすか、「直接ください」と言えばいいのでしょうけど・・・。
ここ1週間はこのケースが多かったですね。
なんでもそうなんですけど、1工程、余分なプロセスが増えるのは、あまり好まない傾向です。
現に先日、コンタクトを買ったときのレシートが見当たりませんし・・・。
プライベートの方なんで、まだいいんですが。

■スポンサードリンク
■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク