仕事のオリジナリティ

先ほど事務所に戻ってきました。
昨日の昼前に外出して以来、久しぶりです。
机の上に、1枚の書類がありました。
オリジナルの書式で、内容は業務報告です。
スタッフが作成したのですが、大変うれしいことですね。
私の持論として、「仕事は、自分なりにオリジナルの要素を入れ、常に改善すべきだ」というものがあります。
去年よりも、先月よりも、又は昨日よりもいいものがあれば、どんどん変えていくべきだと。
私は、これまで勤務していた時もそのスタンスでいました。
言われたことだけやるのは嫌いだったような・・・。
そのことを以前からスタッフには話していて、資料の作り方などは、そんなに細かく指示しません。
EXCELの数式等技術的なことで効率があがるようなことは、事前に説明したりはします。
もちろん税務・会計の専門的なことも。
最近、作成したファイルなどを見ると、オリジナルのものが増えてるので、そういった意味でうれしいのです。


■スポンサードリンク ■井ノ上陽一のプロフィール
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク