40%とられる or 60%残る

会社で儲けた利益の約40%を税金として支払わなければなりません。
1000万円利益が出れば、400万円が税金です。

稼いだ利益の40%がとられるということになります。
では、利益をできるだけ少なくすれば、税金も減る・・・・これが節税です。
しかし、利益が少なければ、会社に残す現金も少なくなります。
会社に残す現金を増やすには、利益を増やさなければならない。
そうなると、
「稼いだ利益の40%がとられる」

ではなく、
「稼いだ利益の60%が残る」

という視点に変わります。
会社が一定の段階からさらに成長するためには、この視点が必要になってきます。
当然、しっかり節税するということが前提です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###