同じ時間でできるだけ多くの成果を出す

昨日、税理士試験時の勉強時間について質問を受け、
思い出す機会がありました。
私の場合、貯金で生活し、専念していたときと
働きながらという2パターンがあります。
専念していたときは、当然1日中。
9:00-21:00くらいまで。
働いていたときは、
通勤、歩いているとき、仕事の合間、昼休み、仕事が終わってから
で、平日3~5時間、土日はフルに。
短期決戦の覚悟で臨んだので、
なんとか続けられましたが、後1,2年長引いたら、
続けられた自信はありません。
婚期ももっと伸びたでしょうし(笑)
とりあえず、量をこなせばいいのか?というとそうでもなく、
意識していたのは、
同じ時間でできるだけ多くの成果を出す
ということでした。
計算を解いた後も、合っていたか間違っていたかだけでなく、
なぜ間違っていたか、関連の情報は何か、問題の意図、条文の根拠
などを考えたり、
法律の暗記でもちょっとした工夫をしていました。
そういうことが身についたのが、試験2年目の4月くらいでしたので、
それ以降の3科目は成績もよく、結果として合格も出来ました。
身につくのがちょっと時間がかかったのは事実ですが・・・。
今はそれをビジネスでやっていることになると思います。

同じ時間でできるだけ多くの成果を出す
今は6:00-18:00、土日も休まずという時間で働いてますが、
これ以上時間をかけても意味がないと思っています。
この時間内で成果を出す工夫をして、少しずつ時間も減らしていくことを目指してます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク