ステッドラーを探して

61

この本を読んで、マインドマップ用にペンを変えてみました。

ペンとノートで発想を広げる“お絵描き”ノート術 マインドマップ(R)が本当に使いこなせる本 (アスキームック) (アスキームック)/遠竹 智寿子
¥1,260
Amazon.co.jp

インストラクターおすすめのペンとノートが載っていたり、
マインドマップの正しい書き方が載っていたりと、
これまでのマインドマップの本の中で
一番いい出来かと思います。
ペンをいろいろ試してみた結果、
ドイツのステッドラー トリプラス ファインライナー
に。
先日、ヨドバシカメラで購入したのは、
20色あるペンの10本セットでした。
使わない黒と黄色もありましたので、
単色で売っているところを探してたんです。
昨日、日比谷でセミナーがあったので、ITOYAへ。
「以前扱っていたのですが・・・」ということで×。
今朝、電話で聞いてみると、
新宿ルミネエストのトゥールズという店にあることが判明。
今日の予定は、朝からびっしりで、
夕方東京→市ヶ谷という予定でした。
その東京駅から新宿へ行き、無事購入したという経緯です。
20080704213933.jpg
ペン変えただけでも、結構いい感じになってます。
フォトリーディングだけでなく、事務所の戦略などにも使ってます。

Spread the love
前の記事セミナー中のひらめき
次の記事プレスリリースを出しました。
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら