経営と数字~カンブリア宮殿を見て

148

今朝、録画するだけで見ていない番組を見ていました。
HDDとはいえ、ちょっとためすぎですが。
おもしろかったのは、8/4のカンブリア宮殿。
キョウデン会長の橋本浩さんでした。
ソーテック、SHOP99、長崎屋など
次々と買収し、再生させた実績があります。
中でも注目したのは、
「大事なのは、数字」
「数字を読めなければ経営者とはいえない」
「数字だけは真面目に勉強して来た」
といった言葉。
仕事柄、いろいろな経営者の方をお話しする機会がありますが、
やはり業績のいい会社の経営者は数字を意識しています。
言い換えると、
経営に数字をうまく活用している
ということになるのではないでしょうか。
そのサポートをするのが、税理士としての役割の1つだと思っています。

Spread the love
前の記事人と会う時間を作ること。
次の記事マインドマップ基礎講座修了証書
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら