2008年8月に読んだ本BEST3

8月に読んだ本の中から面白かった本ベスト3です。
第3位 

シンプリシティの法則/ジョン・マエダ
¥1,575
Amazon.co.jp

きっかけは、木村聡子さんの
「税金まにあ」木村税務会計事務所通信 8/3のエントリーでした。
しかも「税理士事務所の経営にもいえるんじゃないか」との1文もあり、
即買い。
複雑化した今の世の中だからこそ、シンプルさが大事になってくる。
ipod、googleも例にあげ、
デザインはシンプルに、複雑さを隠し、それでいて高い機能を具体化する
方法について書かれています。
第2位

アイデアのつくり方/ジェームス W.ヤング
¥816
Amazon.co.jp

きっかけは、8月初めにハマっていたどのアイデア本でも
絶賛されていたため。
シャワー浴びている時など何気ない時にパッとアイデアが浮かぶのは、
意味があったことなんだなぁと。
102ページだけど、内容が濃い1冊。
これもシンプリシティだと思います。
第1位

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか/ダニエル ピンク
¥2,310
Amazon.co.jp

きっかけは、鮒谷周史さん、本田直之さんがおすすめだったため。
今の私の立場では、最も参考になり、考え方が変わった本でした。
自由業、自営業と言いながら、自由でない部分も多く、
「フリー」という意味を深く考えさせられる本です。
半年後にもう一度読んでみたいと思います。
8月は、比較的本を読めた月でしたが、
目標冊数は達成できず・・・。
まあ、ちょっと高く設定しすぎました。
感想としては、いい本が10冊に1,2冊というのは、本当だなということ。
ただ、いい本を選ぶ確率は、コンマ何%ずつでしょうが、
少しずつ上がっている気がします。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###