契約当初の業務

昨日は新規のお客様訪問で、
3度目の訪問でした。
今は週1回のペースでうかがっています。
何をするかというと、
過去のデータ、資料の確認です。
今回のケースは、11月~9月という事業年度ですので、
これまでの分の請求書や領収書の確認及びデータ入力を
行っています。
取引の内容を聞きながら、方針を相談しながらという流れです。
9月まで処理が追いつき、、
会計ソフトの設定なども行った後、
お客様の方に引き継ぎます。
ちょうど今回のお客様は経理担当の方を採用されたばかりです。
入力は完了したので、
あとは事務所内で設定を行って、
来週には引き継ぐことができます。
契約した時期、それまで経理処理が行われていたか、
その後経理を担当する方がいるかといった状況で、
契約当初の業務は変わってきます。
業績管理、節税対策といっても
正しい数字がなければ、行うことができませんので、
経理の体制を整えることは重要だと思います。
正確に、かつ、手間がかからないというのが理想です。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク