借りたいVS貸したい

現在の経済状況では、
金融機関から中小企業への融資も
慎重にならざるを得ない状況です。
しかし、金融機関も
融資を実行する必要があるため、
借りることができる会社とそうでない会社の2極化
ますます進んでいます。
先日も、とあるメガバンクから
「(お金を)貸せるお客さんはいませんか?」
との連絡がありました。
この場合の「貸せる」とは、
資金需要があり、返済能力があるという意味ですが・・・。
お金を借りたいが、返済は大丈夫か?
というところの方が多く、
一方で返済能力があるところは、
それ以上借りる必要はありませんし。
借りる側と貸す側のミスマッチが起こっています。
貸せるところには、
例えば3,000万円融資を申し込むと
「5,000万円借りてくれないか?」
というケースもありますからね。
私の立場としては、
企業と金融機関の間に入って、
双方にとって、いいマッチングができればと思っています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク