シングルタスク

124

昨日読んだこの本。

自分をグローバル化する仕事術/天野 雅晴
¥1,500
Amazon.co.jp

シリコンバレーに30年在住した著者が
ビジネスのグローバル化に伴い
確立した世界共通の20の成功ルールについて、
書いている本です。
いくつか印象に残ったのですが、その1つは、
「シングルタスクルール」
物事の進め方として、
同時並行的に複数のことに取り組む
「マルチタスク」に対する
「シングルタスク」。
シングルタスクルール」とは、
1つの物事に集中して、結論や実績を出し、
それを積み重ねていくものです。
多様化する社会では、
マルチタスクルールでは、管理が困難で
失敗するということでした。
これは、私自身も反省すべき点も多く、
確かに「効率化」という言葉にとらわれて、
複数の物事に取り組み、成果がでていないこともあります。
複数のお客様の案件を
同時並行的に進める傾向もあり、
「まだ期限まで時間があるから、今はこれくらいで」
と済ませてしまうことも多いです・・・。
最近、タスク管理が少し甘くなってしまっていると
感じていたので、
見直しをするいいきっかけになりました。

Spread the love
前の記事フォトリーディング読書会
次の記事会社の今後を考える
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら