SWOT分析

226

そろそろ来年の計画を・・・ということで、
昨日の午前中、ある方と
私の事務所自身のSWOT分析を行いました。
SWOT分析とは、戦略を決定する際に
内部環境と外部環境とを分析するツールです。
内部環境
Strength(強み)
自社が他社よりも優れている点
Weakness(弱み)
自社が他社よりも劣っている点
外部環境
Opportunity(機会)
自社に有利な市場の変化
Threat(脅威)
自社に不利な市場の変化
企業に勤めていたときに研修で知り、
その後、逆にセミナーで話したり、自分のビジネスに活用したり
しています。
お客様やセミナーで話すには、まず自分からということで。
実際にやってみると、去年の今頃と比較して、
かなり内容が変わっています。
当然外部環境(機会や脅威)も変化していますが、
どちらかというと、
内部環境(強みや弱み)の変化が大きいですね。
以前は強みだと思っていたものがそうではなかったり、
逆に新たな強みが出てきたり。
この分析だけで完了ではなく、
最終的に数値目標を立てることになります。

Spread the love
前の記事20年、10年磨くこと
次の記事ようやくこの3日間を乗り越えました。
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら