ドイツの所得税減税~基礎控除の引き上げと税率の引き下げ

日経によると,
ドイツが500億ユーロ(6兆円)の追加景気対策を行い,
そのうち,所得税の90億ユーロ(1兆1,000億円)
減税する
ということです。
記事によると,
・基礎控除を2009年1月から段階的に引き上げる
・最低税率を15%から1%引き下げて14%とする
とあります。
日本の所得税も
この基礎控除というものはあります。
所得から引くことができる基礎控除は38万円です。
だから所得が38万円以下であれば,所得税は
かかりません。
※給料の場合,
所得は給料-最低65万円ですので,
65万円+38万円=103万円が
所得税がかからない金額となります。
いわゆる「103万以下だと税金がかからない」と
いうものです。
給料をもらっている方は所得を次の式で計算します。
所得=給料-給与所得控除(最低65万円)
まとめると,
所得税
 =(所得-基礎控除)×税率
 =(給料-給与所得控除-基礎控除)×税率
ドイツは上記の式の
基礎控除の引き上げ
税率の引き下げを
行うということです。
所得税が変わるということは,
毎月の給料から差し引かれる所得税の金額が
減る,つまり手取金額が増えることになります。
(具体的な政策は定かではありません。)
まだ実行はされていませんが,
実行の可能性は高いと思います。
付加価値税(日本の消費税に相当)
の引き下げをすでに実施した
イギリスと共に評価できる政策ではないでしょうか。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク