金融危機とサッカー界

今朝,購入したサッカー雑誌にこんな記事が
掲載されていました。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|-20090115062803.jpg
「金融危機とサッカー界の2009年」
という記事です。
ヨーロッパのサッカー界にもかなりの資金が投入されています。
選手を獲得する際には,高額の移籍金がかかりますし,
今では監督に対しての契約金も高額になっています。
最近は特にイングランド(プレミアリーグ)に
資金が流入していました。
ロシアの大富豪やアメリカの実業家が投資を行った結果,
イングランドのチームの財政規模はかなり拡大しています。
必ずしも「資金力のあるチームが強い」というわけではありませんが,
経済状況と同じく,
異常に加熱していたのも事実です。
今回の金融危機で,どのチームも資金難がささやかれています。
まだ影響を受けていないのは,UAEの投資家くらいです。
こうなると,
高額なスタープレーヤーを獲得するのではなく,
自国の選手や若い選手を
あまりお金をかけずにしっかりと育てている
チームが生き残っていくと思います。
こういう点は,やはりこれからの経済と同様ですね。



■スポンサードリンク