支払調書の仕組み

この時期,支払調書というものを作成します。
○概要
いろいろな種類がありますが,
そのうちの1つは,
税理士や他の士業に対して作成するものです。
会社と税理士という関係で考えると,
会社が税理士に報酬を払うときは,10%の源泉所得税を
差し引きます。
報酬が105,000円だったら,10,000円の源泉所得税を差し引いて,
95,000円(105,000円-10,000円)となります。
1月から12月までに支払った金額と
差し引いた源泉所得税を記載したのが,
支払調書です。(報酬,料金,契約金及び賞金の支払調書)

○支払調書の提出
この支払調書は,下の図のように,
支払う側(会社)が
受け取る側(税理士等)と税務署に提出します。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|
なぜこのようなことをするのかというと,
税金が適正に支払われているかの確認という意味もあります。
受け取る側(税理士等)は確定申告により,
その年の収入を申告します。
その受け取る側(税理士等)が申告した収入と
支払う側(会社)が提出した支払調書を
照らし合わせると
正確に申告しているかがわかるわけです。

○支払調書の作成
この支払調書の作成は,
支払う側(会社)が行い,税務署及び受け取る側へ提出します。
会社が行う場合もありますが,
税理士が行うことも多いです。
私の場合は,すべてのお客様について,この作成業務を
行っています。
1年間の取引を集計して作成するので,
まともに作成すると大変です。
そこで,日々の会計ソフト入力のときから工夫しています

○支払調書の提出
税務署への提出についても,私の方で行います。
また,司法書士,社会保険労務士など
それぞれの士業の方への送付についても
ほとんどの場合面識がありますので,
私の方から直接お送りしています。
○支払調書を受け取る側の処理
私の場合は,ほとんどがお客様である会社からの
報酬です。
上記の通り自分自身の支払調書を作成することになります。
お客様の会計上の数字と
自分の会計上の数字が一致しているかを確認して,
税務署への提出のみ行います。
受け取る側は,必ずしも支払調書を基に
確定申告をしなければいけないわけではありません。
請求書と会計データ(帳簿)を基に確定申告を行いますので,
支払調書は確認程度というケースも多いかと思います。
ただし,
税務署は,支払調書の金額で
収入と源泉所得税を
把握しているので,
一致しているかどうかを確認する必要があります。
○実際の支払調書
今日私に届いた支払調書で
相談会の報酬分のものです。
Newtype税理士 井ノ上陽一のブログ|-20090123113947.jpg
支払金額は8,690円 源泉徴収税額は827円。
8,690円の消費税抜金額lは,8,276円ですので,
源泉徴収税額は,8,276円×10%=827円となります。
当然,事務所の会計ソフトには入力されてますし,
申告します(笑)
○まとめ
この報酬の支払調書のように,
税務当局は,
何らかの形で収入を把握するようになっています。
株式の配当や譲渡も
保険金も同じ仕組みです。
2009年からはFXについても
この支払調書の作成が義務づけられます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###