やらないときのデメリット

73

私は,いろいろと習慣となっていることがありますが,
続ける基準は,
その習慣をやめるとデメリットがあるかどうかで
考えています。
・早起き
やめると・・・
 満員電車に乗らなければいけない
 遅くまで仕事をしなければいけない→夕食が遅くなり健康によくない
  
・フォトリーディング
普通の読み方をすると・・・
 本の定着度が下がる気がする
 スピードがかえって落ちる
 
・マインドマップ
普通にメモを取ると・・・
 考えが整理できない
 あとで見返したときに内容がすぐにわからない
・タスクを書き出す
書き出さないでタスクをこなそうとすると・・・
 やるべきタスクを忘れる
 何か忘れてないか・・・と落ち着かない
今行っている習慣の一部ですが,
あえてやめてみたものもあれば,
面倒くさいと思って,やらなかった結果,
デメリットを感じたことということもあります。
やるメリットを意識することも当然必要ですが,
逆にやらないデメリットを意識することの方が
定着が早いような気もします・・・。
いろいろな習慣をふとやめてみるといいかもしれません。
(ふと思ったのですが,「習慣」を並び替えた
「慣習」はやめるべきものが多いですね・・・。)
一方で,やめてみてデメリットがないことは,
躊躇なくやめてます。
意外と無駄なことがありますしね。

Spread the love
前の記事経理担当者の資質
次の記事体重の増減
税理士 井ノ上 陽一
1972年生まれ。大阪生まれ宮崎育ち東京在住。 ひとりビジネスを、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング代表取締役 ・アイアンマン(スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km) ・著書に『AI時代のひとり税理士』『ひとり社長の経理の基本』、『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』、『ひとり社長の経理の基本』,『新版 そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』ほか。 さらに詳細なプロフィールはこちら