【読書】ハイ・コンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代

2009-5-19 2nd
ダニエル・ピンクは,著書「ハイ・コンセプト」で次のようなことを言っています。
①他の国なら,これをもっと安くやれるだろうか
②コンピュータなら,これをもっとうまく,早くやれるだろうか
③自分が提供しているものは,この豊かな時代の中でも需要があるだろうか

今の時代を生き延びられるかどうか,今の仕事をこのまま続けていいかの
3つのチェックポイントであり,「ビジネスマンを脅かす3つの危機」とも表現されています。
①は,同じ仕事を日本ではなく,アジア諸国で行うと,かなり安く品質も良いものが
できるということ
②は,人間がやるよりもコンピュータの方が高速処理することができ,なおかつ
正確であること
③は,モノ,情報などが簡単に安価で手に入る時代であるため,それでもなお,必要とされる
モノやサービスを提供できるかということです。
他の国ではできない,コンピュータではできない仕事であり,
さらに,需要があるものを提供する必要があります。
カギとなるのは,自分にしかできない仕事ができるかどうか
だと思います。
私自身は,さらに
自分にしかできない仕事を受けるように心がけています。
領収書入力→書類作成だけの仕事だと
誰がやってもそんなに差がつかないですし,
何よりも面白くないですしね。

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代/ダニエル・ピンク
¥1,995
Amazon.co.jp

随分前に買ったのですが,未読でした。
かなりのヒントを得ることができています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###