4点とられても5点とる

ビジネスでは,売上と経費のバランスが重要になります。
【例1】
売上が1億円で経費が9,000万円なら,
利益は,1億円-9,000万円=1,000万円
です。
【例2】
売上が1,200万円で経費が200万円でも
利益は,1,200万円-200万円=1,000万円
です。
上記の例は,一見同じですが,実際は,経費を先に支払うことが
多いです。
極端な例になりますが,次のようなケースも考えられます。
【例1-B】
経費を9,000万円支払った後,1億円の売上を上げる。
【例2-B】
経費を200万円支払った後,1,200万円の売上を上げる。
どちらが楽で負担が少ないかというと,当然【例2-B】の方です。
【例1-B】の方は,多くの場合,9,000万円の支払を借金で補うことになります。
経費について,いわゆる「ちょっと高いけど,元が取れる」
という考え方は危険です。
特に広告宣伝費はそのような考え方をしてしまいます。
業種にもよりますが,できるだけ経費をかけずに売上を上げることを
考えるべきだと思います。
サッカーにたとえると,いつも5:4で勝とうとしているということになります。
守備がボロボロで4点とられるけど,5点とって勝つパターンです。
5:4で勝つと,たしかに派手で見ている方は楽しい試合ですが,
いつも5点とれるとは限りませんし,そのような戦い方をしていては,
徐々に疲弊してしまいます。
ビジネスでは,このような戦い方をして,資金繰りが苦しくなっているケースも多い気がします。
当然のことながら,失点(経費)を押さえつつ,得点(売上)を上げれば,その点差(利益)は
増えていきます。
失点せずに得点することができるのと同様に
できるだけ経費をかけずに売上を上げることも可能です。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』