大まかに数字を見る

この税理士業界に入ったときに戸惑ったことの1つが,
経営者は数字の1円単位までを気にしないこと。
少なくとも会話の中では,大まかな数字で捉えます。
経営は大きな流れで見ることも重要ですので,当然のことです。
例えば,試算表等を見て,打ち合わせをする際に
1円単位まで読み上げる必要はなく,
万円又は千円単位で十分です。
ただし,この「大まか」というのは,
「数字を見る」際のみ当てはまるもので,
「数字を作る」際(=決算書や申告書を作る)は「細かく」1円単位まで捉える必要があります。
たまに数字を大まかに作っているケースもありますので・・・。
打ち合わせ資料は「数字を見る」ために作りますので,見やすさを考慮し,
千円単位で作成するケースが多いですね。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###