利益がマイナスでも消費税を支払わなければいけない場合

消費税は

預かった消費税から支払った消費税を差し引いて計算します。
預かった消費税が支払った消費税よりも多い場合に

納税することになるのです。

ということは,利益(売上-経費)がマイナスだったら,消費税は納税しなくていいのでは?
・・・・必ずしもそうとはいいきれません。
なぜなら,売上,経費はそれぞれ消費税がかかる取引,かからない取引があるからです。
例えば経費でいうと,給料は消費税がかかりません。
給料をもらうときも消費税が5%込でもらっている方はいないはずです。
次の例を見てみましょう。
売上が1,050万円(消費税50万円 預り)
仕入が630万円(消費税30万円 支払)
給料が500万円(消費税0円)
という例です。
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|

この場合の利益は,消費税抜きで1,000万円(売上)600万円(仕入)500万円(給料)
=△100万円です。

売上1,050万円→税抜で1,000万円 仕入630万円→税抜で600万円
しかし,納税する消費税は,預かった消費税50万円支払った消費税30万円=20万円となります。
利益がマイナスでも消費税を支払わなければいけません。
このために貯金をするケースも多いのです。
他にも消費税がかからない経費がありますので,次回取り上げます。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###