交際費に対する税金のしくみ

数字力UP「税金編」
今回は,交際費についてです。
交際費(接待交際費)には,主に次のようなものがあります。
・取引先等との飲食(ケースによっては,社内のみの飲食も含む)
・取引先等とのゴルフ
・土産
・中元,お歳暮
※あくまでビジネスに関係する支出です。
経営者は,この交際費に非常に興味を持っています。
なぜなら,交際費に税金がかかるからです。
(※)なお,交際費に税金がかかるのは,法人のみです。
個人事業主にはこの制度はありません。
この交際費に税金がかかる仕組みを図解します。
図1
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|法人に対する税金は,
通常,収益から費用を引いた利益(黄色の部分)に
税率をかけて計算します。
利益が1,000万円の場合,
法人税等(法人税,住民税及び事業税)の税率
を40%とすると,
1,000万円×40%=400万円の
税金になります。
ただし,図1のケースでは費用の中に交際費が含まれていますので,
その交際費を考慮しなければいけません。
図2
Newtype税理士井ノ上陽一 大人の数字力を高めるブログ|費用の中に交際費が含まれている場合,
原則としてその交際費の金額の10%
(図2の黄色い部分)も
法人税等の計算に含まれます。
交際費が100万円,利益が1,000万円の場合,
交際費100万円の10%,つまり10万円が
法人税等の計算に含まれる金額です。
図1と同様に計算すると,
(1,000万円+10万円)×40%=404万円
の税金になります。
交際費のうち税金の対象となるのは,原則10%ですが,
ケースによりその金額は異なってきます。
○税金の対象となる交際費の金額
(1)資本金1億円以下の会社で交際費が年間600万円以下
交際費の10%
(2)資本金1億円以下の会社で交際費が年間600万円超
60万円(600万円×10%)+600万円を超える部分の金額
例:交際費が800万円
①800万円のうち,600万円を超える金額=200万円
②60万円(600万円×10%)
③①+②=260万円
(3)資本金1億円超の会社
交際費全額
資本金が1億円以上だと交際費全額に対して税金がかかります叫び
実務上問題になるのは,この交際費の定義です。
交際費なのか,会議費なのか,福利厚生費なのか・・・・という区分が重要になります。
この区分については,次回以降に取り上げる予定です。
メモ第4回 決算書を作る勉強会(9/27),第5回 決算書を読む勉強会(10/3) 
「数字力UP!」記事一覧




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク