税理士の選び方 7つのポイント

「税理士をどうやって選べばいいか?」と聞かれることは多いです。
私自身が考える税理士の選び方 7つのポイントを挙げてみました。

1 複数の税理士と会う

HP・ブログなどで問い合わせ,
複数の税理士と会ってみることが,
いい税理士を選ぶ秘訣です。
紹介してもらう場合も契約を前提とせずに
「会ってみてから契約を判断しても良いか」
を紹介者に確認しましょう。

2 相性

アドバイスをもらったり,分からない点を質問したり,
税理士と接する機会は多くなります。
1で会った税理士と実際に話をすることで,
話す内容が分かりやすいか
今後つきあっていけるか
などを判断しましょう。

3 誰が担当者になるか?

税理士事務所で,スタッフが複数いる場合は,
会った税理士と担当者が異なるときがあります。
会った方はすばらしくても
実際に担当するのは,未経験者であることも・・・。
誰が担当者になるかは必ず確認しましょう。

4 料金体系は明確か?

料金は最優先ではありませんが,必ず確認すべき事項です
毎月の料金がいくらで,決算の料金がいくらか,
支払時期はいつかを確認しましょう。
また,どういったときに追加料金がかかるかの
確認が必要です。
12月の年末調整時や1月の法定調書作成時に別途料金がかかるケースがあります。
この場合,書面で料金体系を明示されるかも1つの判断基準です。

5 会計に関する考え方

税理士は,名前の通り,税金に関するプロフェッショナルです。
しかし,税金を正しく計算するためには,
正しい決算書を作成することが必要です。
その決算書の作成,つまり,会計に関する考え方も
是非聞いておきましょう。
月次決算や事業計画作成のサポートはどの程度お願いできるのか,
を確認すべきです。
また,税理士自身が月次決算や予算実績比較を
行っているかどうかを聞いてみるのもよいでしょう。

6 経営に関する考え方

5年後の目標は何か?どうやって売上を上げようとしているか?
経営を見てもらうのであれば,その税理士自身の経営に関する考え方を
聞いておきたいものです。
税金,会計以外の情報収集方法なども聞いてみると,参考になると思われます。

7 「先生」でないか?

■スポンサードリンク

今後サービスを受ける立場として,
必要以上に「先生」でないかという点は重要です。
威圧感や話しにくさを感じる場合は,
最初の税理士としては好ましくありません。
気軽に質問できるような税理士を選ぶべきです。

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』