1,000万円に対する税金

個人が1,000万円を得たときの税金をケース別にまとめてみました。
給料
 妻,子供1人で年収(額面)1,000万円→118万500円
 

1,000万円-給与所得控除220万円-社会保険料等130万円-基礎控除38万円-扶養控除38万円-配偶者控除38万円
 =536万円
 所得税 536万円×20%-42万7,500円=64万4,500円
 住民税 536万円×10%=53万6,000円
 ※給料の所得税の計算はこちらを参照してください。

退職金
 20年勤務していた場合→15万円

 1,000万-40万円×20年=200万円
 200万×1/2=100万円
 
 所得税 100万円×5%=5万円
 住民税 100万円×10%=10万円
 ※退職金から勤続年数×40万円を引き,さらに1/2をかけたものに税率をかけます。
 ※税率は,給料の所得税と同じです。給料とは分けて計算されます。

贈与
 1,000万円をもらった場合→231万円

 贈与税(1,000万円-110万円)×40%-125万円=231万円
 ※もらった金額から110万円を差し引き,税率をかけます。

株を売却
 上場株式を売却して1,000万円の利益を得た場合→100万円
 

 所得税 1,000万円×7%=70万円
 住民税 1,000万円×3%=30万円
 ※一律10%(所得税7%,住民税3%)の税率をかけます。

相続
 相続する人が自分だけの場合→0円
 

 相続税 1,000万円-(5,000万円+1,000万円×1人)<0 ∴0
 ※相続した金額から(5,000万円+1,000万円×相続人の数)を引き,税率をかけます。

自宅以外の不動産を売却
 自宅以外の不動産を売却(不動産は5年超持っていた)
 して,1,000万円の利益が出た場合→200万円 
 

 所得税 1,000万円×15%=150万円
 住民税 1,000万円×5%=50万円
 ※不動産を5年超持っていた場合,一律20%(所得税15% 住民税5%)の税率をかけます。


自宅を売却
 自宅を売却して,1,000万円の利益が出た場合→0円 
 

 所得税 1,000万円-3,000万円<0 ∴0円
 同様に住民税も0円
 ※自宅を売却した場合,その利益から3,000万円を引き,税率をかけます。

まとめ
 同じ1,000万円でも,税金の種類が異なり,その税金の金額も異なってきます。
 やはり,ただでもらう贈与の場合が最も税金が高くなります。
 また,ケースによってはかなり優遇されているものもあり,
 このことを利用した節税スキームも多いです。
メモ税金のしくみ勉強会(10/25) 詳細・お申込はこちらまで




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク