最近の読書に対する考え方

多く読むか,じっくり読むか,
買うか,借りるか
読書には,様々な方法や考え方があります。
最近の読書に関する考え方です。
読書の目的
読書の目的は2つあります。
1 日々の生活に活かす知識を得るため
ビジネス・プライベートに限らず,日々の生活を改善するために読書をしています。
書き方,話し方,考え方など「これは使える!」と思うものを1つでも得ようとする読書です。
2 視点を得るため
経営,税金,会計など税理士業に関連する書籍を読むことも多いです。
これらに関しては,知識を得ることに加え,視点を得るために読みます。
知識としては知っていることでも,そのアウトプットの方法はさまざまです。
そのため,初心者向けの本も目を通します。
こちらの目的で読んだ本からメルマガで紹介することが多いです。
読むスピード
基本的に速読,多読です。
上記1の知識を得るための読書では,必要な部分については,熟読することもあります。
上記2の視点を得るための読書は,内容は知っていることが多いので,当然読むスピードは速いです。
いつ読むか?
基本的に移動中です。
通勤時の往復40分+仕事中の移動時間は,必ず本を読みます。
帰りや仕事中の移動は電車内で寝ることがありますが,朝は寝ません。
移動中に読み終わらなかった本は,事務所や自宅で最後まで読んでしまうことが多いです。
分厚い本や難解な本を除き,1日に何冊かの本は完結させるようにしています。
買うか?借りるか?
図書館で借りていた時期もありましたが,いろんな理由により挫折しました。
・すぐに読めるわけではない
・買った本と借りた本で,読むときのテンションが違ってくる
・ドッグイヤー(折り目)をつける読み方なので,図書館の本のみ読み方は変わってしまう
・ネットで予約し,近くの図書館で受け取るのですが,図書館の方の手続が
 毎回,かなり時間がかかる
中古の本もあるとはいえ,本代がかなりかかるのは難点ですね。
まあ,値段以上の本も多いので,元はとっているつもりです。
読書は義務か?
昨日読んだ小飼弾さんの「空気を読むな,本を読め」にこういう表現がありました。
”読書は「~しなければいけない」ことではなく,「~できればいいくらい」くらいの「遊び」なのです。”

非常に共感できる一文です。
義務感を感じるのならば,一時本から離れるか,読まない方がいいのでしょうね。
読書をしていなかった時代の私は,
「本くらい読まなきゃなぁ・・・」という義務感があり,苦痛でしたが,
少しずつ楽しみを見つけることで,その義務感がなくなってきました。
ただ,義務感が楽しみになるには,ある程度の継続は必要かと思います。
今は完全に楽しんで読んでいます。
楽しめる理由は,
・すきま時間を有効に使える
・得た知識を実践してみて,効果があったときに非常にうれしい
・インプットした知識をアウトプットする過程が楽しい
といったところです。
自分が楽しめる読書法を見つけ,それを実践するのが一番だと思います。
===============================
【昨日読み終わった本】

勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」~自分ブランドで課題克服(NHK出版生活人新書)/勝間和代
¥735
Amazon.co.jp

☆☆☆☆
藤巻さんと勝間さんの仕事に関する考え方の本。お二人ともいろんな壁にぶち当たっていますが,そこで考え,実践したことが今につながっています。そのときの考え方や実践が非常に参考になる本です。

空気を読むな、本を読め。 小飼弾の頭が強くなる読書法 (East Press Business)/小飼 弾
¥1,500
Amazon.co.jp
■スポンサードリンク

☆☆☆☆  
空気を読んで,自分の考えを捨てるよりも,本を読み,自分の考えをもつための方法論。フィクションも読まなければ・・・と反省しました。「小飼弾が選ぶ最強の100冊+1」付です。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』