会計や税金がまったく分からなかった自分

「初心忘るべからず」と言いますが,
私が税理士として忘れないようにしているのは,
「会計や税金がまったく分からなかった自分」
です。
会計との出会い
簿記をはじめて知ったのは,18歳。
数学は得意な方だった私は,簿記もなんとかなるだろうと思っていたら,
大間違いでした。
借方,貸方,どっちがどっちとも分からず,
そもそも何を目的にやっているのかも理解していませんでした。
当然,簿記も嫌いになりました。
しばらく簿記から離れる時期もありましたが,
この簿記嫌いを完全に払拭したのは,税理士試験を受験し始めた27歳ごろです。
税金との出会い
「アルバイト代を確定申告すると,税金が戻ってくるらしい・・」
ということを知り,はじめて確定申告をしたのが23歳の頃。
当時は,公務員試験に合格し,プランタン銀座の地下のベーグル屋でバイトを
していました。
ほぼ休みなしでしたので,給料は20万円弱~25万円もらっています。
しかし,確定申告のやり方は全く分からないので,
源泉徴収票を片手に,新宿税務署の無料相談に行きました。
相談員に不安ながらに源泉徴収票を渡すと,さっさと税金を計算して,
「全部戻ってきますよ」と。
そのときの計算が非常に速く,
自分が全くわからない税金をこんなに速く計算できるなんて・・・
と感動した覚えがあります。
税金が戻ってきたので,まあいいかとだけ考えていましたが,
理由や根拠も分からず,何か釈然としない気持ちがあったのも事実です。
その後も,
「なぜ前職の源泉徴収票を出すように言われるのか?」
「この紙(年末調整の用紙)は何の意味があるのか?」
「住民税はどのくらいかかるのか?」
など,税金に関して不安に思うことはよくありました。
不安・もやもやの解消
会計や税金は,高校生までは,ほとんど学ぶことがありません(商業高校等除く)
しかし,社会に出ると,否応なしに必要とされます。
起業したり,投資を始めたりした場合には,特に必要な知識です。
私が会計や税金と出会ったときの不安感や,もやもや感はなんともいえないものでした。
今となっては,より多くの方が持つ不安・もやもやを解消することが
使命だと思っています。
どうすれば会計・税金が分かりやすくなるかと日々考えているところです。
今日は,個人事業主向けの確定申告勉強会でした。
参加者の方々にとって,
会計や税金に関する不安・もやもやの解消になっていれば幸いです。
==================================
【編集後記】
今日は勉強会開催後,参加者の方々とランチ
→東京駅での打ち合わせへ。
打ち合わせは,税理士同士のコラボについて。
お互いの強みを活かした面白いものができそうです。

■スポンサードリンク




井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』