・9月に読んだ仕事に役に立った本

私は読んだ本をメディアマーカーというサイトで記録しています。
9月に読んだ本を見返していると、仕事上役に立った本がいくつかありましたので、ご紹介します。

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business …/楠木 建
¥2,940
Amazon.co.jp

競争戦略とは、いかに競争しないことであるかであり、ストーリーとして成り立っているかが重要であるという本です。
そのストーリーに一見不合理な要素を入れるべきと言うのが印象的でした。
例えば、中古車買取専門のガリバーは、消費者から車を買い取るだけで、中古車の販売はしません。
一見不合理ですが、企業としての戦略に組み込まれたものだから、成功しています。
518ページというボリュームで、4日間くらいかけてじっくり読んだ本でした。
私自身、税理士として一見不合理というもの、取り入れているものもありますが、戦略というほどでもないので、その辺の磨きをかけなければいけないと思っています(^_^;)

コンサルタントの「軸」思考術/野口 吉昭
¥1,050
Amazon.co.jp

野口さんの本は、文章・内容ともに好きで、よく読みます。
思考する際は、通常「枠」に当てはめてしまうが、それでは思考の範囲がせばまってしまう。「軸」で考えれば、柔軟に思考することもできます。
さらにしなやかな「軸」を持つべきだということです。
私自身、「軸」はずいぶんと固まってきた気がしますが、まだ、ぶれもありますし、しなやかさも足りない気がします。

フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか/ダニエル ピンク
¥2,310
Amazon.co.jp

年に1回くらい読み直している本。
著者が語っているフリーエージェント(組織に属さず事業を行う)にとって大事な4つの倫理は、
自由、自分らしさ、責任、自分なりの成功
です。
独立当初に読み、この4つをいつも気にかけています。
起業している方、起業を考えている方にオススメの本です。

ビジネス界に脈々と伝わる先人の知恵 業界のセオリー/鹿島 宏
¥1,470
Amazon.co.jp

書店で見かけて買ってみた本です。
食品、タクシー、保険業界など、様々な業界のセオリーが載っています。
自分の業界に他業界のセオリーを持ってくると、思わぬアイデアが生まれたり、ビジネスチャンスになったりします。
税理士業界のセオリーも、いい面と悪い面がありますし、そのセオリーがクライアントにいつまで受け入れられるかは分かりません。結構、他業種のセオリーがヒントになって、成功したことはあります。

【決定版】成川式 文章の書き方 (PHPビジネス新書)/成川 豊彦
¥924
Amazon.co.jp

ブログ、執筆などのために、文章本は、かなり目を通しています。
この本は、15万部のベストセラーが再編集されたものです。
「なるほど~」と思うことも多く、本を読んだ後、文章の書き方を一部変えました。
10/6(水)「東京税理士会 税理士事務所IT化コンテスト」に出場します。

10/21(木)『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』出版記念パーティー

10/23(土)法人税申告書作成の基礎を4時間でマスターするセミナー(残席2名)

■スポンサードリンク
■スポンサードリンク



井ノ上陽一のVALU
■著書
【監修】十人十色の「ひとり税理士」という生き方
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク