・走ることの面白さ?

やや筋肉質で、がっちりしているため、意外に思われるのですが、中学校の頃、陸上部でした。
けがにも悩まされ、高校以降は運動をしていません。
中学校の頃は、1,500m、800mを中心に大会に出ており、速さとしては、中の上くらいだったと思います。
「走ってばっかりで何が面白いの?」と当時、よく聞かれ、正直、うまく答えることができませんでした。
今はトライアスロンのトレーニングの一環で走っていますが、「何が面白いか?」の答えとしては、「達成感」と「積み重ねがモノをいうこと」だといえます。
ある程度の距離を走りきったときの達成感は何にも代え難く、是非とも日々に取り入れたいものです。
仕事もそうですが、小さくても達成感を感じることはメンタル的にもいい影響を与えます。
さらに、もくもくと走り続けることで集中力が研ぎ澄まされる気もします。
また、トレーニングを続けていると、走るのが楽になってくるのも面白い点だと思っています。
多少、階段を駆け上がっても息が切れないのがうれしいです(変かもしれませんが(^_^;))
逆にトレーニングをサボると、筋肉痛になったり、思うようなペースで走れなくなります。
タイムにこだわって走るともっと面白いかもしれません。
といいつつも、9月はほとんど走れていませんでした。
水泳に集中してしたからです。
たぶん、次に走るときはつらいでしょうね・・・・・・。
こういうことではいけないと思い、レースに申し込みました。
もう締め切りになっているレースが多かったのですが、今から1~2ヶ月後くらいに出場でき、近場のレースを選んでいます。
申し込んだのは、12/5のお台場マラソン(8km)、12/12世田谷ランナーズフェスタ(10km)です。
※お台場は抽選
まずはレースに出てみることが目標であり、当面トライアスロンでのランは、5km~10kmなので、このくらいの距離からはじめます。
ちなみに東京マラソンも10kmを申し込んでいます。
レースを決めれば、後にひけないので、より一層トレーニングに励むことができるかと思います。
トレーニングの時間確保と寒さ対策が重要でしょうね。
10/6(水)「東京税理士会 税理士事務所IT化コンテスト」に出場します。

10/21(木)『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』出版記念パーティー

10/23(土)法人税申告書作成の基礎を4時間でマスターするセミナー(残席2名)


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』