・「年末年始にやることリスト」を作る

今回の年末年始休暇は、12月29日~1月4日のところが多いようです。
なにかと予定が詰まっている年末年始ですが、それぞれやりたいことも多いかと思います。
今回は、『「年末年始にやることリスト」を作る』というテーマです。
長期休暇にできること
以前、本で得た教訓に、「普段していないことを長期休暇にやろうと思っても、なかなかできない」というものがあります。
どの本かは忘れました・・・・・・。
おそらく大前研一さんの本だったと思います。
例えば、普段から読書の習慣がないのに、長期休暇に10冊読む、勉強の習慣がないのに、長期休暇にまとめて問題を解く、普段運動の習慣がないのに運動をしてみようと思う・・・というようなことはできないということです。
以前の私がそうでした。
読書、勉強、運動などの習慣系のものは、普段からやっていないとなかなかまとめてできない気がします。
少しでもいいので、普段にちょっとずつ手がけていき、長期休暇でさらに深く取り組むというのがいいかもしれません。
また、ある程度時間のかかる作業も、同様に普段から少しずつ取り組み、長期休暇前に助走をつけておくのがいいと思います。
私自身でいうと、HPのリニューアルをこの休暇にやる予定です。
諸事情で今のHPの更新ができなくなっており、丸ごと入れ替えなければいけません。
普段は何もとりかかっていないため、このままだと「やろうと思ってたのに・・・・・・」で終わってしまいそうです。
そこで、今日から取り組みました。
HPリニューアル作業を細かく細分化し、そのステップをいくつかこなしています。
自分の確定申告も年明けに最速で仕上げる予定ですので、その準備もやっています。

年末年始にやることリスト

先日、参加したセミナー「スピードハックセミナー」で、「年末年始にやることリスト」を作成するワークがありました。
やりたいことを箇条書きで書き出すだけです。細分化することもそのセミナーで学びました。
EX-IT|
実際に書き出してみると、とても年末年始だけではできる量ではありません。
そこで、リストを見直し、数を絞りました。
その後は前述の通り、細分化し、ステップをこなしはじめています。
すでに習慣化されているものの延長(分厚い本の読書、30kmランなど)もあり、リストは11個です。
こうやると、年末年始に入る前に気持ちの準備ができた気がします。
まとめると次のようなステップになります。
是非、試してみてください。
・年末年始にやることリストを書き出す

・実際にどのくらい時間がとれるかを見積もる

・年末年始にできそうもないものは削除する

・残ったリストについて、さらにやることを細分化する

・年末年始休暇に入る前にその細分化したことを実行する

=========================================
【編集後記】
昨日は、夕方に皇居2周、10km。
最近は心拍計を活用しながら走っています。
心拍数160くらいに抑えて走ると楽に走れますし、負荷をかけて走るときは、心拍数が170くらいになるように調整しています。
今日はこの後、プールに行く予定です。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』