・源泉所得税をネットで納付 その1 事前準備

源泉所得税は、給与、報酬などを支払ったときに、支払者が預かり、その支払いの日の翌日10日までに納税しなければならない税金です。
※給与を支払う従業員が常時10人未満の場合は、半年に1回納税することもできます。
その手続きは、次のような流れです。
・源泉所得税の納付書を書く
・金融機関の窓口に行き、納税する

この2つは時間もかかり、めんどくさいものです。
インターネットを使って源泉所得税を申告、納税をすれば、これらの時間を削減できます。
毎月納税している方は、長期的に見るとかなりの生産性アップです。
しかも、無料で利用できます!
この方法について、3回に分けて、お伝えしていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・源泉所得税をネットで納付 その1 事前準備
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

準備に必要なもの
準備に必要な手続きはインターネット上ですべて完結します。
通常のe-Taxのように、電子証明書(住基カード)やカードリーダライタは必要ありません。


注意点
インターネットによる納税は、金融機関とのインターネットバンキング契約が必要です。なお、ネット専業銀行は利用できません。
インターネットバンキングが利用できない場合でもATMにて納税が可能です。
またはダイレクト納付の手続きを行えば、申告後、指定日に口座引落にすることができます。ただ、こちらもネット専業銀行は利用できません


利用開始届での提出
インターネットで税金を申告・納税する手続きを行います。
(注)顧問税理士がe-Taxで申告書を提出している場合には、すでにこの手続きは済んでいます。
利用者識別番号 暗証番号 納税用確認番号を聞き、「e-taxソフトのインストール」へ進んでください。

① 国税庁のHPにアクセスします。
https://www.e-tax.nta.go.jp/todokedesho/kaishi_confirm.htm

② ブラウザの確認
Internet explorerが推奨されていますが、Firefox、GoogleChormeでも動きます。

③ 「3 ルート証明書のダウンロード及びインストール」にて、ルート証明書をダウンロード・インストールします。
EX-IT|

④ Windows7の方は、さらに「4 信頼済みサイトの登録」を行ってください。

⑤ 登録が終わったら、ページ最下部の[届出書の選択]をクリックしてください。

⑥ 「1 開始届出(初めての方)」から該当の項目を選択します。
EX-IT|

⑦ 名称等を入力します。
EX-IT|

⑧ 同じページの下部で、暗証番号、納税用確認番号を入力します。
この2つは絶対に忘れないようにしてください。
ここまで入力して、[確認]をクリックします。

⑨ 代表者情報を入力して、[次へ]をクリックします。
EX-IT|

⑩ 利用者識別番号が表示されます。この画面を保存しておいてください。
EX-IT|

e-Taxソフトのインストール

次のリンクからソフトをダウンロードします。

e-Taxソフトについては、当コーナーからのダウンロードによる取得が可能です。当コーナーのご利用に当たっては、以下の流れに沿ってe-Taxソフトをダウンロードしてください。

e-Taxソフトを立ち上げると、次のような画面が表示されますので、[追加インストール]をクリックしてください。
EX-IT|
次に、[共通]から[プログラム]、[共通テーブル]、[共通帳票]を、[申請]から[源泉所得税]を選択し、[インストール]をクリックします。
EX-IT|

ここで、利用者識別番号、氏名又は法人名を入力し、[保存]をクリックします。わかりやすい名称をつけて保存しましょう。
これで事前準備は完了です。
EX-IT|

明日は、実際の申告について、解説します。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』