・Google+のしくみ その3 情報共有先の指定

Google+について、サークルを中心に現時点の見解をまとめてきました。
今回は情報共有先を違った角度から整理してみました。
・Google+のしくみ その1 サークル
・Google+のしくみ その2 お互いのサークルによる共有情報の違い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・Google+のしくみ その3 情報共有先の指定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サークルによる情報共有先の違い
一覧にまとめたのが、次の表です。
AからDのユーザーが自分のサークルに入っているか([自分のサークル])、自分をサークルに入れているか([相手のサークル])を、まず示しています。
EX-IT
Aは、自分のサークルに入っています。相手がこちらを入れているかは関係ありません。
Bも自分のサークルに入っています。
Cはサークルに入れていませんが、こちらをサークルに入れてくれています。
Dはサークルに入れてなく、こちら側もサークルに入れていません。
Eはサークルに入れてなく、Aのサークルに入っているユーザーです。
○サークル(Aを含む)を指定

EX-IT
Aには情報共有できます。Bはこのサークルに入ってないので、共有されません。

○『あなたのサークル』
EX-IT
これを指定する(『』つきはGoogle+上の指定先です」)と、サークルに入れているA、Bに情報共有できます。
○『一般公開』
EX-IT
これを指定すると、サークルに入れているユーザーA、Bと、こちらをサークルに入れてくれているCに情報共有できます。
こちら側への片思いでも対象になります。
このパターンが、Twitterに似ているかもしれません。
○『友だちの友だちサークル』
EX-IT

これを指定すると、サークルに入れているユーザーがサークルに入れているユーザーにも情報共有できます。
例えば、Eは、こちらがサークルに入れてなく、Eもこちらをサークルに入れていません。
まったく関係のないEにも、情報共有できる(されてしまう)わけです。
サークルに入れているユーザーが多い人を、自分がサークルに入れていれば、情報が広範囲に拡散されることになります。
使い方に注意しなければいけないでしょうね。
まだ、この方法は使っていません。
まったく関係のないユーザーからの情報共有は、[サークル外から]というところに表示されます。
情報ごとに非表示にすることもできますし、迷惑な情報、関係ない情報を大量に流す人がいればブロックすれば大丈夫です。
そのうち、出てくる気がしますけどね。
Google+、グループビデオチャットや、Twitter・FaceBookとの連動、iPhoneアプリ、Androidアプリなどいろんな使い方ができそうです。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
プレゼン関係の本は、クライアントへの資料、セミナーなどで活用できるため、よく読んでいます。
『プレゼンテーションZEN』のガー:レイノルズの新作からも、いいヒントをもらいました。
早速、次回のセミナーのスライドにも活用しています。

裸のプレゼンター/ガー・レイノルズ
¥2,415
Amazon.co.jp



■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク