・書籍の校正にiPadは使えるか?

今週は、仕事の合間に『使えるExcel経理帳票(仮)』の校正を行っています。
iPadでも校正も試してみましたが、結局紙でやった方が速くて楽な気がします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・書籍の校正にiPadは使えるか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本が完成するまでの流れ

前回の本も同様でしたが、次のような流れで本が完成します。
まず、Wordで原稿を作ります。
画像は、Excelで実際に操作しながら、画面ショット(フリーソフトのWinshot又はMacの標準機能を使用)を貼り付けていきます。
その他矢印や図形はWord上で作成しています。
EX-IT
完成したら、次のようなファイルをDropboxに入れます。
編集者さんとDropboxを共有しているので、これで送ったことになります。
・Wordファイル
・画像ファイル(WordをWebページで保存して抽出)
・PDFファイルに画像番号を振ったもの(PDFをiPadに取り込み、手書きで番号を振る)
・Excelテンプレートファイル
その約2ヶ月後の先週金曜日に印刷された原稿と、PDF原稿を受け取りました。
Wrodファイルを実際にレイアウト、デザインしていただいたものです。

EX-IT
この原稿をチェックしていくのです。
チェック内容にしたがって修正していただき、再度私がチェックします。
2回目のチェック、修正が完了したら印刷・製本となります。
このチェックをどうやってやろうか、毎回悩むところです。
分量が少ない原稿であれば、Mac上でPDFにチェック内容を書き込んでいますが、書籍の場合は分量も多く、チェック箇所も多くなっています。
図版のチェックもあるので、なかなか一筋縄ではいきません。
iPadで校正
それでも、やってみたくてiPadでチェックを開始しました。
PDFをGoodReaderで開き、注釈を入れていきます。
EX-IT
結論からいうと、「やりにくい」です。
・ページの切り替えがスムーズにいかない
・見開きでみると、文字や画像が小さくなる
・画数の多い漢字を小さく書くのは困難
などという理由であきらめました。
Mac上でやるときは、矢印や曲線をえがきにくいという欠点もあります。
文章は入力しやすいんですけどね。
少量の原稿やチェックリストとして使うにはいいと思います。
ペンやアプリを変えれば可能性はあるかもしれません。
また試してみます。

結局、紙で

結局、紙の原稿に書き入れました。
大幅に変わる箇所は、別途Word+Excelで作り直しています。
紙とPCを併用したという感じです。
EX-IT
紙での校正に便利なのが、フリクションボール。
消せるボールペンです。
EX-IT

チェックはほぼ終わり、追加原稿をもう少し入れれば最初のチェックは完了です。
もう少しで完成します。
=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
先日、お台場のbillsでミーティング。
「世界一の朝食」といわれるとおり、料理もおいしく、サービスもいいお店でした。
レシピブックが売っていてので、購入し、早速スクランブルエッグとリコッタパンケーキを作ってみました。
なかなかの出来でしたが、もうちょっと練習が必要なようです。
生クリームやリコッタチーズなどコストもかかりますが、この味ならいいかなぁと思っています。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###