・Excelの絶対参照と相対参照 その2 Excelへのお願いのしかた

昨日の記事の続きです。
絶対参照の設定について解説します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・Excelの絶対参照と相対参照 その2 Excelへのお願いのしかた

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絶対参照の必要性
次のようにセルA1にセルC1をかけたものをセルD1に表示させます。
セルD1には、’=A1*C1’という数式が入っています。

EX-IT
このセルD1をそのままコピーすると、次のようになってしまいます。本来ならセルD2には「4」が入って欲しいところです。
Excelのコピーは非常に便利なのですが、こういったトラブルも起きがちです。
Excelは、具体的な依頼をしないと、人間の意図どおりには動いてくれません。
EX-IT
数式を見ると、セルA2、A3、A4・・・・・・と1つずつセルA1から位置がずれていることが分かります。
たとえば、セルE2は、A2にある「0」(空欄)とC2にある「2」をかけた結果、0が表示されています。
セルD2には、セルA1にある「2」とセルC2にある「2」の計算結果である4を表示させたいところです。
数式としては、’=A1×C2’となります。
この場合、セルA1とセルC2を参照し、セルA1とセルC2を掛け合わせるという意味です。
以降も同じように考えると、あるべき数式は次のようになります。
EX-IT
コピーすることにより、C1からC2に1つずつずれてもいいのですが、A1からA2にずれてもらっては困ります。
EX-IT
A1はA1のままでいて欲しいのです。

EX-IT
このような場合、絶対参照というものが必要となるのです。


Excelに対するお願い

「セルA1を絶対に参照して!」とお願いする必要があります。
「A1」とは、「A列の1行目」という場所を参照しています。
「A列から動かないで!」とお願いする場合、「A」の前の$をつけます。
こうすると、コピーをしようが何をしようが、「A列」からは動きません。
「=$A1」と入力します。
するわけです。
同様に「1行目からも動かないで」とお願いする場合、「1」の前に$をつけます。
今回の場合は、A列からも1行目からも絶対に動かないで!」とお願いしてみましょう。
数式は次のようになります。
「=$A$1*C1」
EX-IT
この数式を下にコピーすると、次のようになります。
必ず、セルA1である「2」とC列にある数字を掛け合わせることになるのです。
EX-IT
この方法を絶対的な位置(今回はセルA1)を参照するようにお願いするため、絶対参照といいます。
いちいち、すべてのセルに数式を入力しなくても、1つめのセルに入力→コピーをすれば正しく計算できるわけです。
それに対して、通常の相対的な位置を参照することを相対参照といいます。
絶対参照を簡単に行う方法
しかし、このように$をつけるのは結構大変です。
そこで、数式中の「A1」にカーソルを置き、ショートカットキー(F4)を押します。
(カーソルの場所は、Aの前、1の前、1の後のいずれでもかまいません)

EX-IT

F4を押すたびに、次のように変化します。
EX-IT
・$A$1(A列からも1行目からも動かないで!)

・A$1(1行目からは動かないで!)

・$A1(A列からは動かないで!)

・A1

・$A$1
以下繰り返し
実は今回の事例では、
・A$1(1行目からは動かないで!)
で十分です。
コピーして、2行目になっても3行目になっても、4行目になっても、1行目にいてくれればいいわけです。
もちろん、$A$1でもかまいません。F4キーを1回だけ押せばいいので、絶対参照にするときは、通常、両方に$をつけます。
なお、セルC1は、コピーとともに参照先が変わって欲しいため、$をつけません。
下にコピーすれば、セルC2、右にコピーすれば、セルE1を参照します。
これを知っていると知らないのでは、大きな違いが出ます。
知ってしまえば、いちいち数式を入力する手間から解放されるわけです。
次回はこの応用編を解説します。

=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
この記事を書いているのは、大阪・京都からの帰りの新幹線です。
今までにない経験もでき、大きな収穫があった2日間でした。




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###