・税金を減らすため改めて確認しておきたい雇用促進税制 その1 制度の概要

雇用促進税制というものが新たにスタートしています。
「従業員が増加すると支払う税金から1人当たり20万円控除される」という制度です。
平成23年税制改正が発表された12月に当ブログでも紹介していますが、さらに詳細な手続き・要件が明らかになっていますので、再度まとめてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【今日のテーマ】
・税金を減らすため改めて確認しておきたい雇用促進税制 その1 制度の概要

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

制度の概要
冒頭で述べたとおり、条件を満たし、手続きを行えば、増加した従業員1人当たり20万円の税金が控除されます。
EX-IT
例えば、法人税を120万円支払う場合に従業員が前事業年度末から2人増加していると、
120万円-20万円×2人=80万円
となるはずです。
しかし、減らすことができる税金は、[支払う税金の20%]という規定があります。
(中小企業の場合です。通常は10%です。)
上記の場合、120万円×20%=24万円が[支払う税金の20%]となるので、限度額は24万円です。
その結果、2人増加していても24万円が限度なので、控除される金額は24万円となります。
EX-IT
もちろん、支払う税金がゼロの場合は効力がない制度です。
「採用」ではなく「増加」
雇用促進税制という名称なので、1人雇用すると20万円の控除があると思いがちです。
しかし、実際は従業員が前事業年度末から「増加」していることが条件なのです。
中小企業では、前事業年度末と比較して2人以上「増加」していなければいけません。
EX-IT
この条件は、結構複雑でさまざまなパターンが想定できますし、これ以外にも満たさなければいけない条件があります。
明日以降、取り上げていきます。
【関連記事】

・税金を減らすため改めて確認しておきたい雇用促進税制 その1 制度の概要 

・税金を減らすため改めて確認しておきたい雇用促進税制 その2 「雇用者の増加」とは 

・税金を減らすため改めて確認しておきたい雇用促進税制 その3 チェックリスト

=========================

■スポンサードリンク
【編集後記】
昨日の夜、Excel本の原稿PDFが届きました。
1回目のチェックが反映されたものです。
再度チェックし、印刷、製本となります。
締め切りは金曜日の10時。結構タイトな日程です(>_<)




■スポンサードリンク


■ブログEX-ITの購読 →feedlyを使って無料で読む
→Twtterで読む
Facebookで読む

1日1新 Instagram
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』
■スポンサードリンク
###