・痛みが出る前に休む

ちょっと走りすぎました

右足首、左足裏に痛みがあったので、昨日カイロプラクティックへ行ってきました。

特に深刻な状況でもなく、単なる走りすぎのようです・・・・・・。

10月の月間200kmはともかく、2週連続で30km走ったのが原因だと思います(^_^;)。

足の骨がカチンカチンに固まっていたみたいで、ほぐしてもらい、テーピングをしたら結構よくなりました。
テーピングをしたのは中学の陸上部以来でしたね。

なんとか普通に走れそうです。(フルマラソン1ヶ月前ですし、無理はしませんが)

IMG 1306

十分なケアをしないまま走り続けた結果がこの始末です(^_^;)

大いに反省しています。

一昨日、ランニングのマンツーマンレッスンを受けたときも

「痛みが出る前に休まなければいけない」


------※この記事は、投稿日現在の状況、心境、法律に基づいて書いています。---------

「まだまだいけると思っても体は疲れている」

という話がありました。

25km以上走ると、内臓にも負担がかかるそうで、筋肉痛がないからといって休まず走り続けてはいけないそうです。
「結構、走れるじゃん!」っと調子に乗ってましたからね・・・・・・。

痛みが出る前に休む

ランニングではちょっと無理をしてしまいましたが、実は日常生活では、「痛みが出る前に休む」ことにしています。

特に仕事は、いくらでもできるわけです。
体は大丈夫でも疲れは残り、パフォーマンスは落ちます。
メンタル面に悪影響があることもあるでしょう。

30代になってからは徹夜も禁止しています。

「痛み」、つまり、無理をして体をこわしては意味がないからです。
体調が悪いときにクライアントからの問い合わせや業務依頼が来たら、十分に対応できなくなります。

座右の銘に、「君は、徹夜明けの医者に手術をしてもらいたいか?」というものがあります。

医者に限らず、疲れはてた状態、疲労が残っている状態で顧客に接することはしてはいけないという意味です。

(何かの本で読んだのですが、残念ながら出典は思い出せません。)

毎月クライアント訪問するときは、ベストのコンディションでいるように心がけています。
多少、筋肉痛の時はありますが(笑)

「痛み」が出る前に休み、体調を整えることが重要ですね。

そして、「休む」ためには計画性や生産性、スピードなどが必要になってくるわけです。

=========================

【編集後記】

いい鮭が手に入ったので、昨日の夜は石狩鍋。

味噌とバターの組み合わせがおいしいです(^^)。

【セミナー開催情報】

関数を使いこなすことで無駄な作業とおさらば!
21日間の課題・動画解説フォロー付き

11/27(日)Excel基礎力養成講座 関数マスター 残席1名

午前、午後の開催。作業を自動化して時間を作ろう!

12/17(土)経理&会計のためのExcelマクロセミナー 入門コース

・午前 残席4 ・午後 残席1

【講師を務めます】

待望のピボットテーブル勉強会開催!(サブ講師として参加します)
「インストラクターのネタ帳」管理人による11/28(月)『どうして使ってないの? Excel2010ピボットテーブル勉強会』

社長の期待に120%応える!経理の評価を上げる!

12/3(土) 経理アウトプット1級認定講座

【好評発売中】

☆『使える経理帳票―これ一冊でOK! Excel2010/2007/2003』

■スポンサードリンク

☆『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』

■スポンサードリンク



■ブログEX-IT Facebookページ

■1日1新 Instagram
@1day1new
井ノ上陽一のVALU
■著書
ひとり税理士のIT仕事術―ITに強くなれば、ひとり税理士の真価を発揮できる!!
フリーランスとひとり社長のための 経理をエクセルでトコトン楽にする本
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』