・会計データの記録→分析→活用

今日の午後、経営調査研究会で開催された『エクセルでできる経営判断に役立つ財務データの統計解析とシミュレーション』というセミナーに参加してきました。
会計データをExcelを使い、統計的な手法で分析するという内容で、講師は税理士松波さん です。
先日の会計事務所セミナーに続いての参加でした。

会計、Excel、統計は、私にとって非常に縁のあるキーワードです。
総務省統計局時代は、Excelと統計、税理士時代(修業時代を含めて)は、Excelと会計を組み合わせて、仕事に活かしてきました。
特にExcelと会計という組み合わせでは、その経験のおかげで先日、『そのまま使える 経理&会計のためのExcel入門 』を出版することができたといえます。
今回のセミナーに参加したのは、Excelと会計に、統計の要素を加えるというスキルや手法を学ぶことが目的であり、その目的どおり貴重なヒントを多く得ることができました。


会計データの活用

会社の会計データは非常に貴重なものです。
なぜなら、その会社の活動がすべて記録されているからです。
この記録を有効に活用することで、経営上の問題点を発見し、今後どうすればいいかという方向性をつかむことができます。
これは、会社の事業の規模にかかわらずいえることです。

会計データの活用といっても、3つのステップがあります。
会計データを記録して、そのデータを分析し、分析結果を解釈して、はじめて経営に活用できるようになるのです。

しかし、最初の記録の時点で力尽きていたり、タイムリーな記録ができていないケースが多く見受けられます。
税務署への税金の申告を考えると、この記録だけで済んでしまうことも原因の1つです。

仮に記録が終わっても、どう分析するかという問題がたちはだかります。
今回のセミナーは、その分析手法を学ぶことできるものでした。
私が講師を務める『経理アウトプット1級認定講座』もこの分析をテーマとするものです。
Excelを使って、効果的で効率的な分析をすることを目的としています。
統計の内容は含んでいませんが、今回のセミナーで得たものも反映させる予定です。

興味のある方は、こちらを参照していただければと思います。

Excelで効率よく効果的な資料を作成できる
「12/3【金】経理アウトプット1級認定講座」

==========================
【編集後記】
本は読んでみなければ、そのよさが分からないものです。
10冊読んでも、いい本に巡り会うことができないこともあれば、続けていい本に出会うこともあります。
今日読んだ『食える数学』 は非常に面白い本でした。
『食える数学』は、因数分解がSuicaの暗号化に応用されている例、確率論がSuicaの暗号化に利用されている例など、数学が実際にどのように役立っているかを解説した本です。
セミナーといい、読んだ本といい、数字漬けの1日でした(^_^)


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』