・税金に納得感を出す考え方

自宅に固定資産税の通知書が届きました。
税理士といえど,税金はやっぱり負担感があります。
「うわ~,こんなにとられるのか・・・」と思うこともあせる

とても「納税は義務です。」と割り切れるものではありません。
考え方を変えて,納得する必要があります。
税金に納得感を出すには,次のような方法が考えられます。

・税金も必要経費と考える
生きていく上で,ビジネスをする上で必ずかかる経費という考えます。

・税金は社会貢献と考える
こう考えてらっしゃる方も多いかと。

・税金を減らす
可能な限り税金を減らす=節税することは必須です。

・事前に予測する
いつ,どのくらいの税金がかかるかを事前に予測して,心の準備をしておきます。

・お金を税金用に分けておく
その予測した金額分のお金を別にしておきます。
本来,預り金的な性質の消費税などで有効です。

・現金で支払わない
現金で支払うと,余計に負担感があります。
振り込み,引き落としが可能な税金は引き落としがおすすめです。

・税金のしくみを理解する
内容が分からないと負担感や不信感が大きくなるものです。
どうやって計算されているかを知ることでも,納得感が出てきます。

・視点を変える
例えば,「40%税金を支払う」ではなく,「60%お金を残しておくことができる」というように視点を変えてみます。

・手持ちのお金を増やすには 税金を支払うしかない
合法的な範囲で手持ちのお金を増やすには,税金を支払いつつ増やしていかなければいけません。
例えば,給料が103万円以下であれば,税金はかかりませんし,会社の利益がマイナスなら法人税はかかりませんが,お金も残りません。
お金を残すためには税金を支払わなければいけなくなります。

・特定の事象と結びつけない
税金のことを考えた後に政治のニュースなどを見ると,つい結びつけてしまいます。
特定の事象とは結びつけないのが得策です。
非常に難しいのですが・・・。

========================
【編集後記】
実家で地デジ対応のテレビを買ったみたいです。
アナログ放送終了まであとわずか。
本当に終了するのでしょうか・・・。
ちなみに我が家のTVも地デジ対応ですが,地デジ放送はほどんどみません。
番組はCS(スカパー)とBS(WOWOW),しかもサッカーがほとんどですし,映画は主にDVDです。


■スポンサードリンク

■著書
新版 ひとり社長の経理の基本
毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!
『ひとり税理士の仕事術』
『フリーランスのための一生仕事に困らない本』
『社長!「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ』
『そのまま使える経理&会計のためのExcel入門』