・経費でどのくらいの税金が減るか?

当ブログで「経費で落とすと税金はいくら減る?」という検索キーワードがありました。
経費で税金はどのくらい減るか,法人の場合で考えてみましょう。

法人が支払う税金(法人税,住民税,事業税等)の税率は,この記事 のとおり,約30%~40%で考えることが多いです。
ここでは30%と考えます。
(利益がおおむね800万円以上の場合は40%と考えてください。)

税金の計算方法は,(収益-費用(経費))×30%

収益が100万円,費用が30万円だと,
100万円-30万円=70万円,
70万円×30%=21万円が税金です。

この費用が10万円増えた場合は,費用が40万円になりますので,
100万円-40万円=60万円,
60万円×30%=18万円が税金です。

これらをまとめると,費用が10万円増えた場合,3万円税金が減ります。
この3万円は増えた費用10万円×30%で計算できます。

資金的にいうと,出ていくお金が10万円(費用)増えて,3万円(税金)減りますので,差引7万円(10万円-3万円)の支出です。
7万円で10万円のモノを買えるということになります。

しかし,この10万円のモノがたいして必要がないモノならば事情が変わってきます。
・何も買わない場合→3万円(税金)の支出
・10万円のモノを買った場合→7万円(差引)の支出

4万円のムダなお金が出ていってしまいます。
経費を使う際にはお金が動くことを忘れてはいけません。
過度の節税は資金繰りを圧迫してしまうことがあります。

【関連記事】決算前の買い物

Twitter にRT
はてなブックマークに追加

【4/25(日)簿記アレルギーを克服する 勉強会】
お申し込みは4/21(水)まで

PCの方
→携帯の方 

■スポンサードリンク

===========================
【編集後記】
友人に誘われて来週,スポーツクラブでスカッシュをやることに。
初体験ですが,楽しみです。
小さいボールを打つ競技は苦手なんですけど・・・。